掛川市の工務店|さとう建築(スタイルのある新築・注文住宅・リフォーム・リノベーション)

優しくて真面目な住まい

インタビュー インタビュー

ガレージと薪ストーブライフを楽しむ家

菊川市    河東の家

「ガレージと薪ストーブのある暮らし」に憧れ、そんな家を建ててくれる建築会社を探していたと語るMさん。何気に手にしたタウン誌に掲載されていた、さとう建築が建てた薪ストーブのある家に一目惚れされたそうです。

南に開けた150坪の敷地をフルに活かした間取りは42坪、5LDKと5人家族がのびのび暮らすに十分な広さを確保。玄関脇にはご主人御用達のバイク用ガレージを設け、いつでもバイクに触れることができます。上部にはロフトを作り、バイク用品やストックパーツも収納可能。また人よりが多いとの事からリビングとダイニングキッチンを分けた分離型のLDKは来客時に家族が気を使う必要もありません。

外観は板金業に携わるご主人からのご要望で、ガルバを使った男前な仕上がりに。ガルバの形状にもこだわりながら、木製サイディング(レッドウッド)とのコントラストとテクスチャーの効いた佇まいは、まさに男前。

内装はいたるところに杉材を中心とした無垢材を使い、素材感も楽しめる温かみのある空間に仕上げました。ダイニングテーブルや椅子はアイアンの柱脚でオーダー製作。黒鉄が空間に映える、まさに男前テイストに。

そして、何と言っても忘れてならない薪ストーブが家族の暮らしの中心となるリビングに設けられています。冬は暖かい薪ストーブを囲みながら、家族や仲間と薪ストーブ料理を楽しむことができます。奥様からも「冬になるのが待ち遠しい!」とのお言葉。憧れであった薪ストーブが今まさに家族で楽しむマストアイテムとなりました。

そして、こちらのお家のこだわりは外観や内観ばかりではありません。光熱費のランニングコストを抑える工夫もなされています。例えばエアコンや薪ストーブの使用時にエネルギーを逃さないよう、吹き付け断熱で気密と断熱性を高め、遮熱サッシを適材適所に使用し、外部からの熱の侵入を防ぎます。これにより室内の温度が保たれ、冬暖かく、夏涼しい、また必要以上に電気代のかからない経済的な暮らしが可能となりました。

デザインと機能を兼ね備えた、スタイルのある住まい。

家族の思いがカタチになりました。


  • 木のトンネルを日差しが優しく照らします。暮らしの中心は薪ストーブのあるリビング。

  • 5人家族でも狭さを感じない広々としたダイニングキッチン。家具や収納は全てオーダー製作。

  • 点と点を直線で結んだ大胆でダイナミックな外観デザイン。

  • 経年美を楽しむ木製サイディングと菱葺きガルバのテクスチャーを活かした外壁。

  • さりげなく和空間を演出するモノトーン畳コーナー。

  • 愛車とつながる土間ガレージ。

  • ライフスタイルをオシャレに演じる「男前」アイアン家具。

  • 薪ストーブは暮らしを楽しむマストアイテム。

  • 遊び心あふれるガレージとロフトは男の秘密基地。

お施主様より家づくりの感想

さとうさんとの出会いは2年前の夏。
私が何気なく見ていたタウン情報誌に暖炉のあるお家。むくの家。
もう素敵すぎて一目惚れでした。
マイホームはずっと私の中で憧れであり、大きすぎる夢でした。
家を建てる前にはたくさんのコトがあり...
それでも親身に相談にのってくれる、さとうさんの人柄のよさ。
安心して任せるコトができる工務店でした。
1つ1つ分かりやすくしっかりと説明してくれ、悩んだ時にはアドバイスしてくれて、
私たち家族全員の希望をしっかり聞いてくれ取り入れてくれて。
家づくりも家族みんなで参加させてもらえ、とってもいい経験をさせていただきました。
おかげでとっても素敵な自分達だけのお家ができました。
私の夢。私たち家族が笑顔で楽しく暮らせる家を現実に。
夢を叶えてくれてありがとうございました!
今年の冬はとっても楽しみです。
今後も私たち家族を宜しくお願い致します。

トップへ戻る

Copyright (C) 2014 Sato Kenchiku. All Rights Reserved.