掛川市の工務店|さとう建築(スタイルのある新築・注文住宅・リフォーム・リノベーション)

優しくて真面目な住まい

インタビュー インタビュー

薪ストーブでスローな暮らしを愉しむ家

掛川市   南西郷の家

「雪の降る寒い日に薪ストーブのあるお宅を訪ねた時の、あの極上の暖かさが忘れられなくて…」と語るMさん。
ご新居のリビングには、もちろん憧れの薪ストーブがどっしりと構えています。火を入れると暖かさが吹抜けを通じて家全体に行き渡り、体の芯からぽかぽかと暖まります。
「薪を割ったり火を着けたりすることは大変に思われるかもしれませんが、手間をかけるのも楽しいもの。しかも、お気に入りの空間で炎をのんびり眺めて過ごすひとときは最高です」とご主人。
「薪ストーブを使うようになってから、不思議と冷え性がよくなりました」と、奥さまにも嬉しい変化がありました。

この家には、デザインや快適さだけでなく、機能面においても注目すべきポイントがたくさんあります。
そのひとつは、「収納」の充実。リビングの壁面一面に収納スペースを設け引き戸で覆ってあるので、お部屋はいつもすっきり。玄関には大容量のシューズクロークも設けてあります。
また、家事動線も機能的。キッチン→ウォークインクローゼット→洗面・浴室→廊下→LDK・2階寝室と、ぐるぐる回遊できるようになっているので、朝起きて寝るまでの生活動線がとっても便利です。

さらに、4.0Kwの太陽光発電やHEMS、電気充電器など、スマートハウスとしての機能も備え、エコ&節電に貢献します。
その一方で、光や風などの自然を暮らしに活かす工夫もプラス。南面の庇を深くしたことで、夏の強い日差しを遮り、冬は斜めから射す陽をとり入れることができます。
リビングとデッキの間の窓には、開口をフルオープンにできる「オープンウィン」サッシを使用。夏はパーティテラスでBBQ、冬は薪ストーブを囲んでホームパーティと、いつでも仲間が集まって楽しい時間を過ごせます。

DIYが趣味のご主人は、今では薪割りもお手のもの。
フェンスや薪小屋もハンドメイドです。手間を厭わないスローな暮らしが家族の絆を深め、子どもたちの心にも豊かな感性を育んでくれています。


  • シックでモダンなLDK。リビングの壁一面に収納コーナーを確保しました

  • 薪ストーブの暖かさが家全体を包みこみ、真冬でも小春日和のように快適!

  • 深い庇が特徴的な外観。広いウッドデッキはパーティテラスとしても大活躍

  • 吹抜けに十字に組んだ梁が印象的

  • 高窓から陽が燦々と降り注ぎます

  • 大好きな空間で会話が弾むご夫妻

  • ウッドデッキは子どもにも大人気

  • フェンスも薪小屋もハンドメイド

  • 揺らぐ炎に心癒されるひととき

お施主様より家づくりの感想

サトケンさんはセンスもいいし、人柄も抜群! ですから、最初に希望を伝えて、間取りやデザインは殆どお任せしました。
また、最初から最後まで現場を丁寧に管理して細かい部分までこだわってくれるので、必ずいい家をつくってくれるだろうという安心がありました。
現場を実際に見ながら棚の位置や内装の色などを臨機応変に決めることができ、要望にもその都度対応してもらえたおかげで、心残りの全くない大満足の住まいができあがりました。

トップへ戻る

Copyright (C) 2014 Sato Kenchiku. All Rights Reserved.